浮気と不倫の違いは何?境界線は何処にあるの?

浮気と不倫の違いは何?境界線は何処にあるの?

浮気と不倫の違いは何?境界線は何処にあるの?

浮気と不倫、言葉の意味を解説!

「浮気」言葉の意味

「不倫」言葉の意味

妻や夫など、法的、または倫理的に決まったパートナーがいるのに別の異性と関係を持ってしまうこと。 人の道に外れることを指し、倫理的に不適切な男女関係を続けること。
上記を見て、すぐに意味の違いを理解できる人はあまりいないと思います。

浮気も不倫も、あまり意味として違いがないように思えますが、一般的に「浮気」とは既婚者・未婚者の区別なく、他の異性と関係を持った場合に用いられるケースが多く、不倫は、どちらか一方・両方が既婚者であり、配偶者以外の異性と関係を持った場合に用いられます。

さらに不倫は一時的な感情ではなく、継続した関係を続けている場合に用いられる場合が多いのが特徴です。

浮気と不倫の境界線は何処にあるのか?

一般的に浮気のボーダーラインは人それぞれで、手をつなぐ、キスをするなど様々です。一方不倫に対しては明確な定義があり「配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」とされています。この様に浮気と不倫は何気なく使っている言葉ですが、意味や捉え方が違うのです。

法律面から見た浮気・不倫とは?

浮気や不倫に対する民事裁判は非常に多く、連日のように男女関係の裁判が行われていますが、法律上に浮気や不倫という概念や用語はなく、全て「不貞行為」と見なされます

浮気と不倫の違いまとめ!

浮気と不倫の違いは何?境界線は何処にあるの?

 

一般的な認識は?

浮気と不倫には微妙な違いがありますが、既婚者同士で男女の肉体関係があっても浮気と言われる場合もあり、一般的なボーダーラインは無いに等しい状態です。

 

法律上の認識は?

法律上で大事なポイントは「既婚者」「男女の肉体関係」「不貞行為」のといった事が論点となる事を覚えておくと良いでしょう。